【兵庫突堤】某月某日、釣り【夜釣りでサバ】

Pocket

たて続けに釣り日記を更新です。
9月上旬の事ですが、兵庫突堤まで夜釣りに行ったので記します。

今回は夜釣りでタチウオをメインに狙っての釣行。

兵庫突堤は神戸市中央卸売市場の付近にあります。
車を横付け出来て、近くにトイレもある好立地な釣り場です。
近くのファミマでは釣り具やオキアミなども販売しているので
餌が切れたらここで買い足す事が可能。

私とK氏は翌日に休みを取っていたので、余裕を持っての夜間
釣行でしたが、同行のI先輩は翌日も通常通り出勤。
I先輩の釣りにかける情熱はすごい。

さて現場についてみると、平日の夜なのに意外と人がいる!
とりあえず、下記の地図の「F」ポイントに車を付けて釣り開始。

 フィッシングマックス

フィッシングマックスさんから地図拝借。この日の餌もここで調達
しました。品揃えが豊富で、いらない物まで買いそうになります。

K氏とI先輩はタチウオゲッターで様子を探っていましたが、
一向にタチウオの当たりはなく。
私はサビキでその場に竿を落としました。
まだまだ初心者の私は、とりあえず

「釣れない釣りより、釣れる釣り」

と考えています。
そして、仕掛けもあんまり覚えてないので、一番単純なさびきに
逃げがちです。ですが、今回はそれが功を奏したようです。

竿が重くなるでもなく、何故か糸が横に動いている。
あれ、I先輩とお祭りしたか?と思ってリールを巻いたら、
すごい勢いで魚が引いているではありませんか。
あげてみたら、サバ!
サイズは15センチ程と小さいですが、走り回る力がすごい!

187762991_org

写真は明け方、撮りやすくなってから撮影した物。

かつてアジュール舞子でサバを狙うもボウズだったK氏達、早速
仕掛けを変えて私と共にサバ釣りに切り替えます。

回遊が来ているらしく、面白いように釣れます。
私も負けじと釣りに夢中になっていたら、背後からK氏の
叫び声が聞こえました。

「獲られた!」

どうやら波止には野良猫が住み着いており、いつの間にか包囲
されていた模様。レンタカーの下でスタンバイしていた一匹が、
瞬く間にサバをくわえて走り去っていったのです。
しかし、生でサバの内臓を食べて、寄生虫とか大丈夫なんで
しょうか。

段々人気がなくなり、サバの当たりも減ってきたので
タチウオを狙う為に0時頃にポイント移動。
マップの「A」「B」付近へ行くと「F」と比べ物にならない位
人が集まっていました。

これはタチウオが期待できるぞ!

周囲には、早朝の時合いを待って車で仮眠を取る人が多かったので、
我々も少し横になりました。
その間もI先輩は一睡もせずタチウオゲッターで奮闘。

187762793_org

空が白みはじめると、あっという間に明るくなります。

187762781_org

明け方になり、更に増える車。私達も再開しますが、タチウオは
一向に来ず。隣の人がワインドで1匹釣っていましたが、
ちょっと小さかったです。リリースしていました。

187762803_org

日が昇り始めました。

タチウオの仕掛けが足りないので、私は相変わらずサビキ。
サバも飽きてきたなぁと思っていると、レンタカーの下に猫が。

187762815_org

深夜にサバをかっぱらった奴とは違い、大人しくじーっと
こちらを眺めています。
サバはやっぱり寄生虫が怖かったので、餌として持参していた
キビナゴをあげると「もっと新鮮なのが良いなぁ」と言いたげに
だるそうに食べて、隣でサバを釣る老夫婦に近寄っていきました。

187762988_org

結局、釣果はサバのみ。小アジも釣れましたがリリース。
朝の7時頃に終了し、帰途につきました。

187763001_org

姫島付近。通勤の人が盛んに行き来しています。

187763009_org

綺麗ないわし雲。

今回の釣行で一番辛かったのが「サバ折り」です。
生きているサバのエラに手を突っ込んで「ボキッ」と
折るのですが、可哀想だし怖いし気持ち悪いしで、
最初の何本かは折らずに放置してしまいました。

K氏がサバイバルナイフで頭を落としているのを見て
私もその手段を取ったのですが、折るのは嫌なのに、
頭を落とすのが平気ってどういう神経なんだろう、と
自分でも疑問です。

 187763081_org

絞め忘れたサバ。

187763074_org

釣ったサバはいずれも小さ目ですが、塩焼き、味噌煮で美味しく
頂きました。

187763019_org

今ではサバ折りも慣れました。
やっぱり絞めないと身が匂いますし、鮮度が違う気がします。