【2017年上半期】某月某日・釣り【其の二】

Pocket

今年も残す所あと僅かとなりました。
そして、2017年の全釣果を記録出来ぬまま、よもよも本舗も新たな年を迎える事となりそうです。

しかし、せめて上半期だけでも!

という事で、4月下旬の海上釣り堀です。悠然と泳ぐ青物。

例に漏れずK氏の会社の皆さんと生簀を貸し切ったのですが、どうにも全体の釣果は芳しくありませんでした。
この時は釣り堀サザンにお邪魔したのですが、珍しくサーモンとマツカワガレイをGETしました。

気合いを入れて、お造りに金粉なんて散らしちゃってます。
いやー、マツカワガレイ美味でした。後から調べたら、えっらい高級魚でした。
サーモンも脂が乗って非常に美味しかったです。

3種盛の海鮮丼。日本酒がすすんで仕方ありませんね。

5月。須磨海釣り公園です。
久しぶりに訪れた所、公園内をアオサギが闊歩しておりました。釣り人達から小魚を貰って満足げ。

ぼちぼちと小さいガシラを釣ってはリリースしていたのですが、日が傾きかけた頃、K氏が第2釣台の北東角に胴付仕掛けを落とした所……。

コブダイ釣れたー!

まだ幼魚の域を出ないものの、釣り公園で40cmの魚が釣れたら上々ではないでしょうか。

すごい顔です。おどれわしをどないする気ぃじゃ、くるぁぁぁ!と怒っている様子がまざまざと伝わってきます。しかし。

家に連れて帰ってきてみたら、まるで別人。
口を「むいっ」とつぐむ様子は、借りてきた猫の如し。尻尾も釣った時はぶわっと広がっていたのに、まな板の上で見たら刷毛みたいにシュッとしてます。

比較画像。

生きている時には赤味を帯びていた体表もだいぶと黒ずんで退色しています。
コブダイって確か冬が旬だったよねぇ。今5月かぁ……。5月のコブダイってどうなの……?うーん、色がなんか、美味しくなさそう……。

不安を覚えながらも、連れ帰ってきた以上はこの命、粗末にするなど考えられません。不安を取り払い遮二無二捌くのみ。そして。

出来た!コブダイのお造り。

身は綺麗な乳白色。見た所脂もノリノリで、臭みもなさそうです。恐る恐る口へ運んでみると……。

美味しい!

今思い出しても感慨深い、意表をつく美味しさでした。何だったら、個人的には今年一番美味しかった刺身かもしれない。程よく締まった身とまろやかな脂。もう一度味わいたい程です。

そして、次の日はしゃぶしゃぶに。寝かせて3日目でしたが、皮目にほんのちょっと臭みが出始めてる感じでした。

それでも充分美味しい!ポン酢に七味がよく合う。あっという間に完食しました。

こんな風に、思わぬ魚との出会いがあるから釣りって楽しいですね。
と、何だか良い感じに締め括ろうとしてますが、結局6月と7月分の記事は次回に持ち越しです。

明後日は、年内最後の釣行を控えています。
今年もありがたいことに怪我や事故に合う事なく楽しい釣り生活が満喫出来ました。

私事ながら長らく務めた会社を辞しまして、さて来年はどんな一年が待って居るのかしら、と期待と不安入り混じる心境です。
文鳥との生活から離れて更新頻度も牛の歩みですが、今後とも「よもよも本舗」をどうぞよろしくお願いいたします。

どうぞ皆さま、良いお年を。