【文釣会再び】某月某日・釣り【海上釣り堀岬】

Pocket

立冬を目前に、2015年夏の釣りについて遅まきながらボチボチ更新です。

今年はもっぱらK氏との二人釣行がメインですが、ようやくI先輩が加わり久々文釣会での釣行が実現しました。
(I先輩は去年めでたく女の子が生まれましたので、イクメンとして絶賛活躍中なのです)。
時期は8月。今回は上手い事タイミングが合ったので、釣り堀岬で贅沢にも生簀を貸切りました。
あまりの暑さで人が集まらなかったらしく、普段の半額で貸切る事が出来たのです(貸切は3人から可能)。
I先輩の奥様も釣果を楽しみに、家でお嬢ちゃんと待っています。

今回の餌は以下の通りです。

●イサギ釣りの時にGETしたカツオを3匹捌いたもの
●有頭甘海老
●現地のササミ餌
●ミック、マダイイエロー

やっぱり王道が一番。
事前に
「釣り堀は何で釣れるか分からんから、トマトとか持って来たら」
と言ったら
「腐りかけのヨーグルト持っていくわ~」
と本気なんだか冗談なんだか分からない発言をしていたI先輩でしたが、当日は手ぶらでした(タオルを一枚だけ手に持っていました)。
タックルは家で準備して、いざ出発。

夜明け。開始は7時からです。
それまでは棚取りや餌の準備。スタッフさんが開始を告げるまでは決して勝手に始めてはいけません。

DSC_0176

こんな広い生簀を、たった3人で貸し切っていいんだろうか!
何たる贅沢。

DSC_0178

そんなこんなで7時になり、いよいよ開始。
朝一番が勝負です。開始と共に早速鯛の放流もあり、俄然やる気が満ちてきます。

……が。

釣れない。
周囲の生簀は開始直後からぼちぼちヒットしているのに、私達の生簀だけはさっぱり……。
というより、浮きの反応はあるものの、バラシ連発でなかなか上げられないのです。
K氏は今回クッション錘を使わなかった為に浮きがなかなか直立せずすぐ寝てしまうのでそもそも釣りになっていません。
クッション錘使えばいいのに……と内心思っていましたが、彼には彼の考えがあるようなので、そっとしておくことにしました。
(後に網掛かりも連発し、絶えずプンプンしていました)

一方のI先輩は集中して当たっていたものの、連続でハリスを切られてかなり悔しそう。まさかこんなに仕掛けを失うと思っていなかったので、途中から仕掛けの残り数を気にする羽目に。
9時前後、ようやくI先輩がイサキを一枚上げましたが、その後はやはり伸び悩みます。私もK氏もボウズ。
ああー大丈夫かなぁ、仕掛けって売ってるんかなぁ。やきもきする内に青物放流がきました。
とりあえず現地で購入した生きアジを鼻掛けして放り込むものの。
あれ、これも食わない……。
青物は放流と同時にヒットを連発する事が多いだけに、初動で結果が出ないと焦ります。

15分位はもたもたと棚を変えたり入れ直したりしていたでしょうか、ついにI先輩の竿に動きが!

DSC_0182

やったー!I先輩、初のカンパチGETです。

DSC_0181

釣り堀あるあると言いますか、現地では魚が掛かるとよく「大事にしていこう」という声掛けがなされます。
乏しい釣果の中でこうした光明を得ますと、自然と口をついて出る
「大事にしていこう」。
我々もご他聞に漏れず反芻しておりました。

その後はカツオの切り身や内臓でもカンパチが続々ヒット。
私も青物の強い引きを楽しめました。
惜しむらくはK氏。ようやくタモ入れしたカンパチが、タモの僅かな破れ目からスルンと
抜け落ちそのままバレてしまうという不運に見舞われました。
「おめでとう!」「お疲れっした!お疲れっした!」と喜んでいたのが一気にお通夜状態に。

しかし、その後は何だかんだでポツポツと鯛、イサキ、シマアジが釣れました。

こちらが今回の釣果です。カンパチは3匹、両家1,5匹ずつに分けました。

DSC_0185

カンパチ。

DSC_0186

この日釣った鯛の中で一番大きかったやつ。

DSC_0192

そういえば、帰りの車で奥さんに釣果を報告したら

「えっ、何も釣れてへんと思ってた!」

全くI先輩をアテにしていませんでした。
何だかんだ文釣会で一番釣果が良い人なのですが……。

DSC_0195

カンパチ、シマアジのお造り。

DSC_0198

鯛、イサキのお造り。脂の乗りが半端じゃありません。舌の上で溶けます。

DSC_0212

鯛のカルパッチョ。

DSC_0214

カンパチ丼。身が綺麗なピンク色です。

DSC_0213

冷凍していた伊勢のワタリガニをお味噌汁にして、一緒に頂きます。

DSC_0219

実に豪勢な食卓でした。有難い事です。

今回、今更ながらカツオは青物に対して本当に有効なんだと実感出来ました。
特に内臓部分は食い付きが良かった様に思います。
青物はいつも生き餌で掛かってきてたので、ローテーションの一つ位にしか考えていませんでしたが、侮れないんですね……。
イサギ釣りで邪魔だなぁと思ってたカツオ、これからは釣り堀の為に大事に取っておこう。