【2015年】大川で鰻釣ったった【大阪】

Pocket

某月某日、と言いますか8月末の話なんですが(遅いよ、本当にいつも遅い)。
懲りずにうなぎを求めて北浜近辺、阪神高速高架下へやってきました。

何とまぁ、都会。

DSC_0540

こちらのポイント、かわやんさんの「うなぎがこっちを見てる」の中にある
「必見!大阪オフィス街・うなぎ釣りスポット公開!!(大川編)」
にて、一級ポイントとして紹介されています。

完全にオフィス街。中洲にはオシャレなダイニングカフェがあり、毎夜賑やかな音楽と喧騒が響いています。

DSC_0529

餌のミミズは本町のアングラーズで入手しました。
今回は平日の夜。
全員残業もなく早めに退社出来ましたので、I先輩も「ワームでボラでも狙うか」と同行。

DSC_0541

一級ポイントと言う事で混雑を懸念していましたが、平日だったお陰かカップルが一組先行していただけでした。
足場もよく、しっかりした柵が川沿いに続いているので釣り座は選び放題、安全に釣りが楽しめます。
きっと休日でも堤防ほど混む事はないと思われます。

そんなわけで、19時過ぎからのんびり開始、各々好きな釣りをしていると30分程で鈴が鳴り始めました!

ブルーギルか?いや、お隣のカップルがチヌをあげていたから、もしかしてチヌか?
それとも藻か?枝か?

いや……

IMG_5191

ウナギだーーーー!!

DSC_0549

でかい、今までで一番でっかいウナギです!やったー!

流石は一級ポイント。今までずっと阪急千里線の高架下で粘っていましたが、思い切ってポイント変更した甲斐がありました。
ワームを投げていたI先輩も、俄然ウナギに興味を持ち始め仕掛けを作り始めます。
そして全員ウナギ一点狙いとなり、ひたすら携帯ゲームで暇を潰しながら鈴が鳴るのを待ちました。

が、何も釣れず。
いつもそうなんですが、2匹連続で釣れた試しがないんですね。
早い段階で一匹釣れて、そこからが続かない。

何とか、I先輩にもウナギを持って帰って欲しい、そう願い続けましたが。

DSC_0558

ナマズが一匹かかったのみ。

DSC_0559

そこそこのサイズ。一度はクーラーに入って貰いましたが、後にリリースしました。
結局、22時前に納竿。
今回はブクブクを持参しなかったのと水の加減を誤った為、ウナギがみるみる虫の息に。急いで帰らねば!

しかし、時既に遅し。
帰宅時にはもう生命反応がありませんでした。
そうなるとこのまま放置しておくわけにはいきませんので、夜も遅かったですが捌く事にしました。

DSC_0562

計測したところ、59cmでした。
私達二人の中では記録更新、圧倒的サイズです。

IMG_5194

一応さっきまで生きていたので、目に輝きが見られます。
しかし、残念。もっと元気な状態で連れ帰りたかった。

IMG_5195

なんだかんだ、ウナギを捌くのはこれが始めてです(前回は父にお願いした)。

ネットで色々調べながらカッターで作業を進めます。

そしてフライパンで白焼きに。
前回は直に焼いた為、フライパンがめっちゃくちゃ臭くなりました。
その一件から学んだ私。フライパン用のアルミホイルで対策。

DSC_0564

ネットで調べたウナギの焼き方にも書いてあったのですが、焼くと縮むのであまり短く切らない方が良いです。
今回のサイズなら二分割位で丁度良い。

DSC_0566

皮に臭みがあるそうで、皮目は特に念入りに、しつこく火を入れます。
焼いていると、びっくりする程の脂が染み出してきます。ああー勿体無い……と思いながらも臭いのは嫌ですからトータルで1時間程焼きました。

DSC_0569

この日はここまで。
鼻を近づけて泥臭さが無い事を確認、冷ましてからラップをして冷蔵庫に入れました。

翌日。
いよいよタレを絡めて蒲焼にします。

これが尻尾側。

IMG_5201

こっちは腹側。

DSC_0002

避けておいた肝は当然肝吸いです。
さて、大川のウナギの味やいかに!

IMG_5202

うーん……尻尾側はちょっと臭みがある……。
どうも焼きが足らなかった様です。先に焼いた腹側は一切臭みなくふわっと美味しい。
あぁ、やっぱり焼きが大事なんだなぁ。
それでも腹側がかなり美味しかったので、個体としては問題ないと思われます。
今回は泥抜きも何も既にお亡くなりでしたので即時捌きましたが、巷で言われる通り、泥抜きはしてもしなくてもどっちでも良さそうですね。
前みたいに一週間も飼ってしまうと心情的に捌きにくくなるので、返ってこれで良かったのかもしれません。

色々試行錯誤したいけど、何せ数をこなせない。
捌きにしても今回ある程度大きかったからいけたけど、次サイズダウンしたらもうお手上げかもしれません。しかし、返す返すも悔しいです。尻尾側、後10分火を入れておけば……。

何はともあれ、今回あんなに立派なウナギをGET出来たのはかわやんさんのお陰です。「うなぎがこっちを見てる」様様です!

かわやんさん、有難う!!捌きから焼きまで、参考にさせて頂きました!

2015年の淀川での釣果はコチラ
2014年の釣果はコチラ