【文釣会】某月某日・釣り【本格始動】

Pocket

カワアナゴ釣りの翌日は、早朝4時に出発して武庫川一文字へ
向かいました。
I先輩も加わって、久しぶりに本格的な文釣会の釣行と相成りました。

ここ最近サバの回遊が盛んだと聞きつけて、始発便で行くぞ!と
気合いを入れた我々ですが、甘かった。
4時半過ぎには相当の行列が。

IMG_6604

I先輩が勝手に写真に入り込もうとするので、やむなくこの様な処理
を施しましたが…とにかくこの後ろにも多くの人が並んでいます。

結局、余りの人数ゆえ始発便には乗れず第3便で向かう事になりました。

しかも、2便が出る頃には送り便はストップがかかるという混雑ぶり。
行列の先頭にいた人は、もしかして前夜から待機していたのでしょうか。
そうでなければこの大行列を制する事は出来ない様に思います。

とりもなおさず、6番で降りて釣りを開始するも全く当たりは無し。
私は去年の経験から再度タコ釣りに挑みましたが、これもさっぱり。
あまりに早起きした為に眠気に苛まれ、去年ほどの根気もなく早々に
諦めてグダグダしていました。

すると!
I先輩がしれっとコノシロを釣りあげたではありませんか。

IMG_6608

結構な大きさです。うらやましい。
逆出世魚と言われるコノシロ。小さいうちはコハダと呼ばれ
江戸前寿司でも人気のネタですが、成魚は骨が多いだの食味がイマイチ
だのと言われ不人気の様です。
しかし、貴重な釣果ですから持ち帰ります。

俄然やる気が湧いた私は、早速飛ばしサビキでサバを狙う事に。
そして!
浮きが気持ち良い程ぐいっと沈んだ所で
「かかった!!」
とリールを巻きましたが、足元であえなくバラしてしまいました…。
後に、「四季の釣り」でも武庫一のサバ釣りを特集していたのですが、
「かかったらドラグを緩めながら手繰り寄せると良い」と言っていました。
しかし、素人同然の私にそんな器用な事は出来ない…。
その姿を拝めただけでもよしとするしかありませんが…悲しい。

私達夫婦は、どうも武庫川一文字と相性が悪い様です。
K氏に至っては完全ボウズで、途中から横になって寝ていました。
前回も二日酔いで寝ていましたから、K氏はわざわざ早起きして、
渡船料を払ってまで、4,5kmに渡る長大な石のベッドに寝に来ている様
なものです。
一方のI先輩はグレや良型のガシラなど、毎回武庫一で何かしらの釣果を
得ています。

IMG_6612

正午付近で納竿。捕まえたカニとK氏。

結局、この日私が得た釣果は、内側でちまちま釣った豆アジのみ。
丸ごと唐揚げにして食べました。

IMG_6624

I先輩は我が家でコノシロを処理した後、持って帰りました。
酢〆にしたそうです。

IMG_6616