淀川でカワアナゴ釣ったった

Pocket

ジーニアスバーへ行った後、夕方から去年と同じポイントで
父とうなぎ釣りに挑戦しました。
去年の様子はコチラ→【速報】淀川で天然ウナギ釣ったった

IMG_6590

今年はK氏も参加出来ました。とりあえず1人1本竿を出し、
予備で持ってきていたペットボトル竿を岩場から投げ入れました。
糸はナイロン2号、針は10~11号、錘は中通し5~8号を使い分けです。

IMG_6591

餌は、父が地元で大きなドバミミズを沢山捕まえてくれました。

IMG_6595

しかし……前日の降雨、良質な餌という好条件にもかかわらず、
竿は一向に無反応。餌を付け替えようかと手繰り寄せてみたら……

IMG_6593

ハゼです!
写真がピンボケなのが残念。 16~17cmはあったと思います。

IMG_6596

この勢いに乗って、ウナギを必ずやこの手に!と意気込みましたが、
この日、ウナギがかかることはありませんでした……。
ポイントから15m程離れた所の釣人が1匹だけ釣ったと通りがかりの方が
教えてくれましたが、うーん。このポイント、もうおしまいなのか?

代わりと言ってはなんですが、大きめのカワアナゴが4匹釣れました。

IMG_6617

大阪府立環境農林水産総合研究所のHPによると、淀川では比較的
珍しい魚種だそう。普通は汽水域に多く生息する魚種の様です。
レッドデータブックでは「情報不足」としながらも、泉州方面の河口で
多く生息していると記述がありますから、大阪府に限って言えば
そう珍しい魚でもないのかな?
(兵庫県と神奈川県では絶滅危惧Ⅰ類に指定されています)

IMG_6600

こうして手にとってみると、意外に大きい。

IMG_6618

一番大きいもので20cmはあります。
ネットで調べた限りでは、最大で25cm程になるのだとか。
個体による色の差もかなりあります。
また、身の危険やストレスを感じると背中が急に明るい色になる様です。
家でクーラーを開けた途端、みんな背中が真っ白だったので
「あれ、こんな魚だった!?」とびっくりしました。

IMG_6619

小さいバケツの中で一晩過ごして貰いましたが、ブクブクの酸素だけで
十分元気でいてくれました。
我が家に水槽やそれを置くだけの十分な広さがあれば、正直飼育したい程
愛嬌のある顔をしています。

しかし、心を鬼にしてハゼもカワアナゴも捌いていきます。
まずはハゼ。

IMG_6625

松葉おろしにしました。

IMG_6628

続いてカワアナゴ。氷締めして捌きました。
結構骨太でしたが、ハゼの仲間というだけあり捌くのは簡単です。
皮も手で剥く事が出来ました。
身は綺麗なピンク色です。氷締めが一番上手に出来た個体は
透き通る様な白身でした。

IMG_6630

全部まとめて天ぷらに。
手前はカワアナゴ、尾っぽがついているのはハゼです。

IMG_6632

お味の方は……美味い!!
あの外観から捌くまでは不安しかありませんでしたが、綺麗な身の色を
見てからは期待が一気に増大。そして実食してみて感動です。
泥臭さは一切なく、淡泊でふわふわとした柔らかい身が天つゆに
非常に合います。塩よりも天つゆです。

ハゼも淡泊なんですが、カワアナゴは更に淡泊でもう身に殆ど味が
ない感じです。
味が無いって、それは美味しいと言えるのか?って話ですが、食感
が本当にふわっとしていて上品なのです。
相当身がほろほろしているので、調理法によっては皮を引くと身が
ぐちゃぐちゃになってしまうかもしれません。
ギギも美味しかったけれど、カワアナゴも実に美味でした。

ちなみに、愛読しているデイリーポータルZにも、カワアナゴの記事
がありました。こちらも参考までに。
「川のアナゴはアナゴ味?」

それにしても、やっぱりドバミミズはすごいですね。
ボウズ知らずです。
ウナギは釣れませんでしたが楽しい釣行となりました。