チヌを食べてみる


チヌという魚をご存知でしょうか。
正しくは「黒鯛」と呼ばれる魚種で、姿かたちはマダイですが色が
シルバーブラックなのです。

045

※こちらの写真は庄内浜情報館から拝借。お魚図鑑の所から見れます。

実は私、釣りを始めるまではチヌの存在を全く知りませんでした。

何で関西では「チヌ」って言うのかな?と調べてみた所、昔、大阪の和泉地方が
「茅渟(チヌ)」と呼ばれていたそうです。
大阪湾やその近辺の河口、河川で獲れる事から、チヌと言う様になったのかも。

釣りのターゲットとして人気も高く、自分が釣りをかじる様になってから頻繁に
名前を聞くようになりました。

となると、俄然興味が湧いて真っ先に食味を調べてみたのですが、これが非常に
賛否両論で…。
雑食性である事と、汚染に対する強さが合間って味の個体差がかなりあるようです。
また、産卵後のげっそりしたチヌも食べられた物ではない、という記述を見ました。
釣る醍醐味は大きそうですが、食べるとなるとその味が安定していない。

私にとっては未知の魚、チヌ。

なんと、そんなチヌを食べる機会が訪れたのです!

父が和歌山の海南あたりへ釣りへ行き、同行の方から釣ったチヌを
分けて頂いたというのです。これは絶好の機会だ!!とばかり実家へ
赴き、切り身を少し貰ってきました。

釣った当日の写真がこちら。

DSC_0193

ベラや青アジ、キス、木っ端グレなどなど、色とりどりの魚がいます。
まさに五目釣り。これだけ大漁に釣れたら楽しいだろうなぁ!

さて、そんな魚の山の中に埋もれている一際大きな魚、これがチヌです。
すでに昆布締めにしてくれていたので、翌日刺身にして頂きました。

ほんのりピンク色。

IMG_2761

最初の一口はかなり緊張しましたが…杞憂でした。
一日寝かせた事で熟成しているのもありますが、実に美味しかったです!

和歌山のチヌはうまい!もっと分けて貰えばよかった…

IMG_2762

ちょっと残しておいて、お茶漬けに。

人生初のチヌは大当たりでした。
旬は夏のようですが、なかなかどうして美味しかったです。
個体差があるだけにギャンブルですが、いつか釣ってみたい魚に加わりました。
初心者には難しいでしょうが…。

ちなみに、父が釣りに行った堤防にも野良猫が住み着いていたそうです。
波止や堤防には猫がつきものなのでしょうか。
父が出会った野良猫は相当なつっこくて、暑くて脱いだ上着にくるまって
昼寝するなど、かなりフリーダムな様子だったみたいです。
釣りをしながら猫と遊べるなんて、まるで楽園ですね。いいなぁ。