【福井県】某月某日、船釣り【小浜】

Pocket

週末、福井県の小浜へ船釣りに出かけました。
諸々の手配はK氏の上司の方々がして下さったので、私達はクーラーボックスを持って行っただけという、とても楽な船釣りでした。

天候にも恵まれ、準備が整った所で出航。
午後3時から海へ出ました。

181314412_org

竿もリールも仕掛けも、何もかも借りるという体たらく。

181314428_org

昼のうちはアジを狙って、夜からイカを釣ろうというプランでしたが、アジ以外にも連子鯛やウマヅラハギが釣れました。

181314439_org

K氏が釣った連子鯛。

181341745_org

クーラーボックスには鯛かウマヅラハギ。大物のアジはなかなか釣れません。

サビキで釣っていましたが、結局昼間は小アジと小サバ、ウマヅラしか釣れませんでした。
私も連子鯛、釣ってみたかったなぁ。

181341756_org

私が釣った小アジ。
これを生餌にヒラメを狙おうとバカな事を考えましたが、やはり何も釣れず。

そうこうするうちに夕方の時合いも過ぎたので、日が沈む頃を境にイカ釣りへシフトします。
生まれて初めてのイカ釣りです。仕掛けはスッテ。

181523539_org

一度、伊勢の方で堤防から死にアジでヤエン釣りというのをしてみましたが、さっぱりでした。
素人にも程があったと言う事ですね(この時行った釣具屋は、なぜサビキ釣りすらした事のない我々にヤエンという高度な釣りをすすめたのか、今もって謎)。
そんなわけで初心者の私は今回もうまく釣れないのではと考えておりましたが……
そんな事はありませんでした!

181341783_org

釣れた!イカです。多分マイカ。
これも初めての経験ですが、イカはめちゃくちゃ墨を吐きます。
初心者ゆえ、我々夫婦はとにかく船頭さんから色々怒られていたのですが、ここでもイカの取り扱いで怒られました。
イカはバケツに入れると延々水やら墨を吐いているので、さっさと水から出すようにと言われました。

181341771_org

仕方ないので床にほったらかす事に。
時合いが来ると仕掛けを降ろしただけでかかってくるので、あげては沈め、あげては沈め、を繰り返すうちに足元がイカだらけになりました。

181341797_org

しばらくすると海面に小アジの群れが。
お分かりになるでしょうか、かなりの大群です。
他にもトビウオが跳ねたり、それを狙ってウミネコがやってきたり。
昼間とは違った海の様子が見られて良かったです。

そんなこんなで深夜0時前には帰港。
上司のお車に乗せて頂いて何と家の前まで送って頂きました。
感謝感謝。家に着いたのは3時半頃でした。

船酔いに関しては、吐く程ではなかったですがやっぱり酔いました。家に帰ってからもずっと揺れてる感じで。
次回船釣りをする事があれば、一層船酔い対策をして行かなくてはと決意した所で……終わりではありません!

釣った魚を処理し終わる迄が釣りです。

クーラーボックス

こちらは釣果の一部です。以前紹介したモンベルのクーラーバッグにもびっしりイカが入っています。

アジ

今回釣ったアジの中で一番大きかったもの。中には30cm越えのアジを
釣っている方もいました。

鯛

こちらは連子鯛。連子鯛は大小含めて10匹近くあったのですが、その殆どが上司の方に分けて頂いたものです。

カワハギ

ウマヅラハギ。これがかかる度に船頭さんががっかりしていました。
「ハゲや~」「またハゲかいな」
となかなか危うい発言をしていました。この船に頭髪の悩みを抱えた人が乗船していなくて良かったです。
しかし、今回調理してみて、こんなに美味しいならもっと釣っておけば良かったと思った魚でもあります。下処理も結構簡単。

181418756_org

そして、今回のターゲットだったイカ。

Tシャツ

これはどうでもいい写真ですが、イカの墨跡です。
洗濯してもまったく取れませんでした。買って一週間でパジャマ扱いです。

ちょっと長くなってきましたが、このまま調理についても記録していきます。

翌日はそのまま仕事だったので、下処理はK氏に任せて寝た私。
帰ってきた直後はあまり気になりませんでしたが、朝起きたら家中が魚臭くてえづきました。

刺身

こちらは、連子鯛の刺身と、ベラの刺身。なぜか一匹だけベラが釣れたのです。
船の上ではむしろ珍しかったですが、結構大きかったので刺身にしてみました。
どちらもとっても美味しかったです!
手前がウマヅラハギで、奥でまとまっているのがベラ。

イカ刺身

そしてイカ刺し。新鮮で最高の歯ごたえです。

焼魚

アジと連子鯛の塩焼き。
アジの身の締まっていること。それでいて脂も乗っていて最高でした。
奥にちらっと写っているのはゲソフライです。

煮付

K氏が煮付けてくれたウマヅラハギです。
美味しい!

レバーペースト

そして、今回一番カルチャーショックを受けたウマヅラのレバーペースト。

実は最初、肝をボイルしてポン酢で食べたのですがその美味しさに衝撃を受け、食べている内に
「これはレバーペーストにしてバゲットに乗せるべきでは……」
と思い立ち、夜な夜なスーパーまでパンを買いに行ってまで作った物なのです。

これは本当に美味しいです。この肝を食べる為だけにまたウマヅラやカワハギを釣りに行きたい位です。
頭も唐揚げにすると美味しいらしいのですが、その時点では知らなかったので捨ててしまいました。残念。

ずいぶん長くなってしまいましたが、初めての船釣りは本当に楽しかったです。
他の方々や船頭さんにはだいぶ迷惑をかけましたが……。
船頭さんって基本気が荒いといいますか、いかにも海の男って感じで我々が御法度を犯すと
「あかーーーーーーーーーーん!!!!」
ってめちゃくちゃでかい声で叫ぶんですよ。
宮川大輔をゆうに凌ぐ「あかーん」です。

その大声にびっくりして、余計駄目な事をしてしまったり。
でも優しい良いおじさんです。喋ってるうちに
「ああ、別に怒ってるわけじゃないんだな」って分かってきたので。
せっかくだから沢山釣ってほしい、安全に釣りを楽しんでほしい、という気持ちが伝わってきて有難かったです。

次回は高浜の方へ父と一緒に三人でキス釣りへ行く予定です。
やや行き過ぎな感がありますが、行ける時に行って少しでも腕を上げなければ。